現在春夏モノのサンプル作りに奮闘してますが

作る作業の中で「ラフ打ち」って呼んでる作業があり

デザインを煮詰める前に服のシルエットを確認するため

ホンチャンで使用する生地の似寄り(金がかかるので生産で残した生地なんかを使う)

それをつかって軽く縫う「ラフ打ち」。

もとより服作りの基礎やパターンの作り方を教わったことがないので

奮闘はします。

どこぞの服を買って来てバラすのもしません。

人が着る服のラインを見たり、自分で着てみてナルシストの様に鏡に映る自分をみたりしてイメージしてパターンを引く。

パターンを引いては

ラフ打って

彫刻(削り)して

首かしげて

思考を変えてまたパターンを引いて

またラフ打って

削って

ちょっとわかって・・・っで、20年くらい。

今だ首はかしげますが、「自分なりを作る」がなんか良くて続けてます。

まだまだ出せてないシルエットがあるんで挑戦はしたいんですが

いい加減時間が待ってない。

今までも何度か挑戦して出来なかったシルエットがあって

今回も挑戦してますが

パンツのラフ打ち40本ほど・・。

少しは近づいたような〜。

標高80cmの下手くそ山。

どうすんだこの生地。

誰か教えて下さい。

f:id:nobutada:20151203220448j:plain

広告を非表示にする